母子家庭 学生ローン

母子家庭でも学生ローンは利用できます

母子家庭で学校に通っていると、仕送りや生活費など以外の部分はもちろん、
その他の部分でもなかなか親には言い出しにくいもです。

 

そんなときは学生ローンを利用するのもいいのではないでしょうか。

 

母子家庭の場合は学生ローンは
利用できないと思い込んでいる人もありますが、そんなことはありません。

 

ローンで大事なのは、あくまでも申込人本人が返済できるかが問われるのです。

 

大事なのは、まずアルバイトの収入がいくらあるのかという点と、
過去においてローンはもちろん、クレジットカードや公共料金の支払いなどの
返済履歴で事故扱い、つまり延滞などがないかという点です。

 

なお、いくら収入があっても、申込人が未成年の場合は
断られますので、その場合は奨学金などの利用となります。

 

 

教育ローンと奨学金をうまく利用する方法

 

大学や短大、専門学校に進学するときは、入学金など
まとまった金額と、半年や1年ごとに授業料を払う必要があります。

 

また授業で使う教科書代なども必要ですから、
学生であってもお金が必要になります。

 

アルバイトばかりしていては本業の勉強が
おろそかになってしまいますから、教育ローンと奨学金をうまく利用しましょう。

 

日本学生支援機構奨学金で借りられる奨学金は在学中に無利子になり、
利率も教育ローンよりかなり低くなっています。

 

教育ローンは借りた翌日から利息が発生しますし、
利率も日本学生支援機構奨学金より高く設定されていますから、返済の負担が大きいでしょう。

 

そのため、できるだけ奨学金を利用し、
入学金などまとまった金額が必要なときにだけ教育ローンを利用すればいいでしょう。

 

金銭的な負担を考えて進学を迷っている方は、
奨学金を利用すれば学生生活を楽しむことができるでしょう。